潰れない接骨院にする|夢を実現にしよう|塾を開業する際に知っておきたいこと

夢を実現にしよう|塾を開業する際に知っておきたいこと

潰れない接骨院にする

施術

技術の向上を心がける

他の柔道整復師が経営する接骨院に勤務して接客術などを学んだ後で、接骨院を独立開業する人がたくさんいます。ただし、開業資金全額を貯金でまかなえるケースは稀で、多くの人が銀行から融資を受けています。借金を早く完済するという目標がいい意味でのモチベーションになって頑張れる人が多いですが、借金を返し終わる前に潰れてしまう接骨院がたまにあります。潰れてしまう理由は様々ですが、患者の期待に応えられる施術を提供できなかったことが理由になっているケースが多いです。柔道整復師の資格は一生ものですから、資格取得後の自己研鑽を怠ってしまう人が時折います。しかし、学校で学んだことだけに頼り続けていたのでは、時代遅れの施術しか提供できなくなってしまいます。それでは患者が離れていってしまって当然ですので、整骨院を続けていくことができなくなってしまいます。接骨院を潰したくないのであれば、柔道整復師の資格の上に安住せずに、常に施術技術の向上を心がけることが大切です。

どうすればよいのか

新しい施術技術の勉強を独学で行なおうとしても、なかなか上手く行うことができません。整骨院を営業する傍らで勉強も続けていくというのは、想像以上に大変なことです。効率的に最新の知識や技術を身につけたいと考えているのなら、柔道整復師会に入会するのが得策です。柔道整復師会は、会員を対象とした研修会や技術講習会を定期的に開催しています。それに参加することによって、必要最小限の手間と時間で無理なく自分の知識や技術を磨き上げることができます。柔道整復師会に入会しないと整骨院を開けないわけではありませんが、患者に愛される整骨院にしたいと望んでいるなら、柔道整復師会に入会しておくのがベストです。また、柔道整復師会に入会すればその地域の柔道整復師と知り合いになることができるので、いろいろなシーンで役に立ちます。